社福)大阪福祉事業財団  盲養護老人ホーム

施設の沿革

施設の沿革

1971年12月8日   全国で11番目の盲養護老人ホームとして開所
              (大阪府設置・大阪福祉事業財団運営) 
             定員50名(4人部屋11室・2人部屋3室)
1988年12月     高槻市内にお住まいの高齢視覚障害者にお節料理の配食開始
1993年4月     給食サービス開始
1996年1月     将来構想基本計画を策定
1999年1月     処遇憲章「槻ノ木荘のめざすもの」を策定
2002年11月1日   大阪府より大阪福祉事業財団に土地・建物移管
2003年3月      全面建替え工事着工
2003年12月      全面建替え工事竣工
              (居室は全室個室でトイレ・洗面所付、地域交流スペースを併設)
2005年6月       短期入所事業開始(1床)
2006年4月      処遇憲章「槻ノ木荘のめざすもの」を改定
2007年8月      訪問介護事業所(地域生活支援センター槻ノ木荘)を開所
2009年9月      「外部サービス利用型特定施設」に事業移行

施設の概要

設置主体 社会福祉法人 大阪福祉事業財団
経営主体 社会福祉法人 大阪福祉事業財団
種  別 老人福祉法に基づく盲養護老人ホーム
定  員 50名
規  模 敷地面積4129.83平方メートル
     延べ面積2185.18平方メートル
建物構造 鉄筋コンクリート造2階建

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional