社福)大阪福祉事業財団  盲養護老人ホーム

FrontPage

ようこそ 槻ノ木荘 のホームページへ  更新履歴は下段です↓↓

槻ノ木荘は全国で11番目の盲養護老人ホームとして1971年12月8日に開所しました。

画像の説明

全国には48ヶ所ありますが、槻ノ木荘は、府内で唯一の盲養護老人ホームです。
2003年12月に全面改築を行い、現在は、定員50名で居室は全室個室でトイレと洗面所付き、地域交流スペースを併設しています。
視力に障害をもつ高齢者の生活全般にわたって支援を行い、また、地域の高齢者を対象に給食サービス等を実施しています。

ボランティアさんを募集しています! 入居者への生活援助や地域の福祉要求にこたえるために、ボランティアさんのご支援ご協力をお願いします。毎年延べ1,200名のボランティアさんのご支援を得ています。

2016年11月1日
槻ノ木だより 「120号」を発行致しました。
2017年4月8日
利用者のみなさんの作品を紹介します。
春になり施設では、利用者さんの作成したチューリップや蘭の花が施設内に咲き誇っています。生花と見間違うほどです。くす玉や鶴、とてもかわいい鳥の親子など、たくさんの作品が飾られています。みなさん是非、槻ノ木荘へお越しください。
画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

2017年1月30日
槻ノ木だより 「119号」を発行致しました。
画像の説明
2017年1月1日
迎春
あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
   槻ノ木荘  施設長   横山 ちえみ
         副施設長  石垣 登美子
                職員一同

2016年12月9日
 槻ノ木荘は朝からバタバタ。
 利用者さんに使っていただいているリースのお布団を新しい物に交換しました。数日前から、利用者さんに何をリースするのか聞き取りを行い、発注をして当日を迎え、職員が一斉にお部屋に運んで交換しました。
 その間、利用者さんは外出される方や食堂でお茶会される方など、上手に“回避”されてました。
 そして、昼食は槻ノ木荘12月の恒例行事。「お餅を食べる日」です。何故、お正月でもないのに?という疑問は出ますが、高齢者施設で「お餅」を食べるという事。
 利用者さんと一緒に考えて、お餅を食べるという事を楽しみ、しっかりと食べる企画です。
 何事も無く、たくさんの「美味しかった」という声と利用者さんの笑顔がありました。
画像の説明
画像の説明
画像の説明 

2016年11月28日
 今年も準備が整いました。栄養士がボランティアさんと一緒に皮を剥きました。全部で約300個あります。利用者さんのおせち料理に付けたり、地域の方々へ販売するお節に付けます。
 時々、出来具合を見ながら利用者さんに届くまで、ゆっくりお日様の光をいっぱい浴びて「甘く、おいしくなぁ~れ」と話しかけています。
画像の説明
2016年11月24日
~利用者さんの作品を紹介します~
利用者さんが作った“ワニ”です。
みなさん、このワニが何でできているか分かりますか?フェルト布と空き缶のプルトップで作ったそうです。胴体のフェルト布をつないでいるのは、なんとプルトップです。少し光っている金の部分がそうです。
 青い布の上に置けば、ワニたちが何やらひそひそお話ししているように見えます。次々と新しい作品が生まれ、私たち職員もこの作品たちに癒されています。次はどんな作品かなと、とても楽しみです。
このページでまた、紹介させていただきます。ご期待下さい!!
画像の説明
2016年11月1日
槻ノ木だより 「118号」を発行致しました。
2016年11月2日
後援会のつどいを開催しました~  
 幅広く活躍しておられる3名のミュージシャン、行本清喜さん(トランペット・ケーナ演奏)、倉さと子さん(ピアノ演奏)、中村ナオコさん(ボーカル)を迎え、オータムジャズコンサートを開催しました。
 当日は、地域の方や利用者のみなさんなど37名が参加し、ジャズ音楽に聞き入りました。「ふるさと」「翼をください」では、みなさんで大合唱して会場は大いに盛り上がり楽しい時間でした。
 「トランペットの音色が心にしみたわ、よかった~。」「ジャズもいいねえ」…と参加された方が話してくれました。
 コンサートの後は、手作りのチーズケーキとコーヒーで和やかな茶話会ができました。来年も楽しい音楽の企画を考えたいと思います。
画像の説明画像の説明画像の説明

2016年10月11日
~おしゃべりしているのかな?歌っているのかな?~♬♪♫~
かわいいどんぐりたちの声が聞こえてきそうです。
利用者さんの作品です。どんぐりたちが事務所カウンターでみなさんをお出迎え!愛らしい表情がみんなを笑顔にします。
画像の説明
2016年9月30日
“実りの秋”
利用者さんが畑でそだてたサツマイモを収穫しました。大きなものから小さな、小さなものまで、給食でおいしく調理して下さいねと調理員さんへ持って行き来ました。芋づるは、つくだ煮にするとおいしいそうです。
画像の説明
2016年9月23日
 槻ノ木荘の玄関や地域交流スペース、事務所にも良い香りが。
 保健師と看護師の資格をお持ちでアロマセラピストの中里さんに来ていただき、今日は、「アロマサロン」の開催日です。
 11時の始まりと同時に、「お願いします」と交流スペースに利用者さんが来られました。その後も次々と希望者の方々が集まりました。 「初めてだったけど、良い匂いで気持ちよかった。また次回もして欲しい」等とても好評でした。
 次回のアロマは9月30日(金)の午前中にあります。私も合間を縫ってアロマと香りに癒されたい(笑)
 ちなみに今日の香りは、ラベンダースイートオレンジとローズマリーレモンの2種類でした。
画像の説明
2016年9月1日
 今日の“防災の日”にちなんで、槻ノ木荘の昼食は備蓄している非常食を食べながら、この間の震災を忘れてはいけないという思いを利用者、職員間で共有しました。
 非常食で提供したのは、主食の“山菜おこわ”。
 「思ったより美味しい。少し硬いな」等と色々な意見がありましたが、「やっぱり、この非常食を食べずに過ごせる、いつもの生活が良い」と意見もあり、防災への意識を高める良い機会になりました。
画像の説明
無題

2016年7月15日
 月に1度開催をする給食委員会でした。
 給食委員会では日頃の食事内容や献立、時には行事食等、食事に係る意見を利用者が直接管理栄養士や調理員と懇談して、よりよい食事内容にする為に利用者から募って委員会を組織しています。
 今回は「槻ノ木荘に来て、初めてセロリを美味しく食べました」と意見があり、栄養士から「浅漬けにする事で食べやすくなります。夏野菜として食欲不振の改善になりますよ」と効能を交えて説明すると、「うんうん」と頷きながら聞かれていました。
 また、「身体の為には魚が良いんですけど」と委員からの意見には、他の委員から「まだまだ牛肉が食べたい」との発言に一同が大笑いする場面もありました。
 これからの行事に向けた意見交換もできて、活発な給食委員会でした。
給食委員会1
2016年7月11日
 5月、台湾から突然の電話が入りました。台湾・淡江大学視覚障害支援センターで台湾の視覚障害学生(者)の補助具開発、点字教科書の製作、職業支援、生活支援などの仕事をされている方から槻ノ木荘へ施設見学の依頼でした。
 槻ノ木荘へ見学依頼の電話連絡があった時、台湾に視覚障害高齢者は増えているが、盲養護老人ホームのような施設がまだないという話をうかがう中で、槻ノ木荘をもっと知って欲しい事や日本と台湾の福祉制度の事など多くの意見交換と交流が出来るように見学を受けました。
 そして、6月28日(火)に6名の方々の訪問がありました。見学をした後には職員の人数や雇用形態、資格の事など施設運営に係る具体的な内容や利用者の余暇活動に質問があり、カラオケ外出や施設のイベントなどを説明すると「生活が充実している。利用者が外泊する事や家族の宿泊が自由にある事は台湾では考えられない」と驚いていました。
 帰られる前に、槻ノ木荘の玄関前で記念撮影後に笑顔で“We got to be friends. Welcome to Taiwan.”素敵な出会いと国際交流になりました。
画像の説明
2016年6月18日
 5月に引き続いて、花谷建設より7名のみなさんがボランティアに来られました。午前中は暑い中、外周手すりのペンキ塗りをしていただきました。
 午後からは、アイマスク体験の後、利用者のみなさんと近所の喫茶店へ出かけ、話も弾み楽しい時間でした。ボランティアのみなさんからは、「建築の視点からもそれぞれの人の住みやすい環境の大切さを感じる」「街で困っている人がいたら積極的に手助けをしたい」等の感想をいただきました。
画像の説明
画像の説明
2016年5月29日
 今日は一般企業で槻ノ木荘とご縁のあった花谷建設様が地域貢献事業としてボランティア活動に来られました。
 前年度からの活動で今年度初めての来荘です。
 槻ノ木荘の利用者にとって、荘外をお一人で歩く為に必要な手すりを綺麗にペンキで塗っていただきました。
 やっぱり専門化の皆様。少し錆が出てきていた手すりは綺麗になり、これから利用者も気持ちよく散歩が出来ます。
画像の説明
画像の説明
2016年5月16日
久し振りの更新です。
2016たかつき福祉就職フェアが6月4日(土)に高槻市立生涯学習センター(市総合センター)1階で行われます。
槻ノ木荘も参加します。詳細チラシはダウンロード⇒
2016年2月12日
 昔は大きな段飾りのお雛様はきっと全ての女の子には憧れだったと思いますが、最近は少ないようですね。
 そんな憧れの段飾りお雛様を飾りました。ボランティアさんにも手伝ってもらいながら、「あーでもない、こーでもない・・・」と職員とボランティアさんも遠い?!記憶を思い出しながら何とか完成。
 その後、利用者のみなさんに放送すると「飾ったんやな」と来られたので、触れてもらいました。
 4月まで飾るとのこと(お嫁にいき遅れるなどというジンクスはさておき)なので、この立派な段飾りをご覧にお越しください。
画像の説明
画像の説明

2016年1月31日
 お昼を挟んで利用者家族の会の方々が槻ノ木荘で新年会を行いました。施設からは利用者自治会(槻ノ木会)会長、施設長、総主任が出席しました。
 美味しいお弁当を頂きながら和やかな雰囲気で始まり、家族の方から、ご自身のこと、利用者さんの入所前の様子などを聞かせて頂き、施設からは元旦の朝のお祝いの会や槻ノ木神社の初詣など、お正月の利用者さんの様子を伝えました。
 「利用者のみなさんともっとふれあい、お話する機会があればよいのに」と話の中で家族のみなさんが思っておられることを知り、大きな行事だけでなく、利用者さんが企画する演芸会やボーリング大会など、身近な日常のとりくみに、もっと気軽に参加してもらえるように来年度は考えていきたいと思いました。
画像の説明
2016年1月23日
槻ノ木荘地域福祉活動・事業(地域福祉サービス)について更新しました。
2016年1月14日
槻ノ木だより 「117号」を発行致しました。
2016年1月6日
―槻ノ木神社へ初詣―
元旦に利用者のみなさんと職員でお参りしました。おみくじを引き、絵馬に1年の願いごとを書きました。利用者の希望があり、職員がたこせんと水飴の店を出しました。利用者からは、「子どもの頃、紙しばいのおっちゃんが水飴をくれたなあ~、懐かしいわ」と大盛況。おみくじの内容は職員が考えたもの、しかし、みなさん口々に「よう当たってるわ」と楽しそう!
※槻ノ木神社:施設内に職員の手作りで設けられた(格式高い…)神社です。
画像の説明
画像の説明
画像の説明
2016年1月1日
迎春
あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
   槻ノ木荘  施設長   横山 ちえみ
          副施設長  田中 彰
                  職員一同

画像の説明

今までの更新履歴です

◆更新履歴◆
2015年12月31日
♪もういくつねると お正月~
大晦日、槻ノ木荘の恒例行事“お節の重詰め”です。全て手づくりのお節は、利用者の食事分、地域の方々への配食も合わせ120食を詰めます。
朝から大忙しな栄養士と重詰め待ちの、たこの蒸し煮や鰆の味噌漬け・・・。
縁起の良いお節を食べ、来年も幸せでありますように。
~はやく来い来い お正月♪
画像の説明
画像の説明
画像の説明
2015年12月18日
 ひむろこだま保育園の5歳児が来荘し、利用者とのクリスマス交流会を行いました。
 園児からの、歌や鈴を使った演奏、手遊びを通じて互いのぬくもりを感じ合い、その小さな手を槻ノ木荘利用者は、とてもやわらかい手だったよと話してくれました。
 演奏で使った“手づくり楽器”はプレゼントにいただきました。
画像の説明
画像の説明
2015年12月11日
 合唱団沙羅のコンサートが行われ、温心寮のみなさん、槻ノ木荘の利用者と職員、37人が参加し、童謡や映画音楽、オリジナル組曲などをたっぷり楽しみました。
 最後は、会場のみなさん全員で「四季の歌」「ふるさと」を合唱し、団員のみなさんが利用者のそばで語りかけるように歌ってくださり、とても和やかな風景でした。利用者さんからは「よかったね、心洗われるわ」「迫力あったなあ」「透き通るようなきれいな声やな」…との感想が寄せられ、癒され、そしてパワーをもらった1時間でした。
画像の説明
画像の説明
2015年11月5日
 4名の生徒さんが福祉体験に来られました。午前中は生徒さん達の歌を聞き、しりとりゲームをしました。参加した利用者から「みんな夢がかなうように元気で頑張ってね!」と中学生にエールが送られました。午後からは、利用者4名と近隣散歩に出かけました。お天気も良く汗ばむ陽気で、利用者からは「暑かったけど気持ち良かった、秋の風を感じられたわ」と。
 中学生のみなさんからは、「今日は楽しかったです。でも見えないことは大変なことだと思いました。…」と感想をもらいました。一日だけの体験ですが中学生のみなさんの学びになったと思います。
画像の説明
画像の説明
2015年11月5日
 11月4日、後援会のつどいを開催しました。海さんと祐子さんのコンサートには、32人(利用者、地域の方、職員)が参加し、沖縄のポップスや民謡をたっぷり1時間聴きました。最後は歌に合わせてみんなで踊り、会場は大いに盛り上がり、楽しい時を過ごすことができました。
 コンサート後の茶話会は、手作りのチーズケーキが出され、みなさんから「とっても美味しいね」と好評でした。また来年も楽しい催しを企画したいと思います。
画像の説明
画像の説明
2015年11月1日
槻ノ木だより 「116号」を発行致しました。
2015年10月29日
 10月23日10時より、高槻市北消防署の職員の立会いのもと、夜間を想定した(夜勤者、支援部宿直者、管理宿直者の3名の体制)避難誘導訓練をおこないました。実施後の反省会においては「放送では出火場所が聞き取りにくかった」などの視覚障害者施設ならではの指摘が利用者さんから出される等、有意義なとりくみになりました。そして職員による消火訓練をおこない、その後立入検査を実施しました。
画像の説明
2015年10月17日
何とも愛らしい“どんぐり”たちに癒されます。
利用者さんが散歩で拾ったどんぐりや木の枝を使って作成しました。それぞれの表情が楽しく、とても愛嬌があります。「トトロ」なんだそうです。接着剤で手の指をゴワゴワにしながら、「どうですか。ちょっとかわいいでしょ!」と持って来てくれました。
画像の説明

2015年10月7日
事務所に良い香りがしてきました。
喫茶「そよ風」の開店です。今日の献立は、ロールケーキに三色だんご、枝豆等お酒のお好きな方も来店されるので“おつまみ”もあります。
放送で開店をお知らせすると、たくさんの利用者さんが来られ、賑やかな喫茶となりました。
画像の説明
画像の説明
2015年9月29日
第36回ふれあいひろばのチラシができました!!
今年も多くのご来場お待ちしています(^―^)
また、ボランティアの募集もしていますので、興味を持たれた方はご覧ください。
お知らせ 

2015年6月1日
槻ノ木だより 「115号」を発行致しました。

2015年1月1日
迎春
あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
   槻ノ木荘  施設長   弟子丸 孝子
         副施設長  田中 彰
                職員一同
画像の説明
2015年1月6日
槻ノ木だより 「114号」を発行致しました。
2015年1月16日
 1月16日、前回大変好評でした利用者自治会主催による、楽しみながら交流することを目的とした「ボーリング大会」を実施しました。
ピンに小石を入れたり、レーンを囲みガーターをなくすなど工夫を凝らしました。
 お正月の“食べすぎ!?”にはとても良い運動になりました。
 また、多くの利用者の参加やボランティアのお手伝いもあって、とても盛り上がりました。
画像の説明
2015年1月21日
 1月21日に職員同士で学習会を開催して、安全で安楽な介助方法について学びました。そして、この学習会で学び共有したことを丁寧に実践していこうと意見交換しました。
画像の説明

2014年12月31日
 今年も、大変お世話になりました。
 今日は、朝から”手作りお節”の準備をして、注文をされていた
 地域の方々がこられたり、配食したり。
 素敵な新年が迎えられそうです。
画像の説明画像の説明
2014年8月21日
槻ノ木だより 「113号」を発行致しました。
2014年7月6日
 7月に入り、遅れてきた“梅雨”がやってきました。
 槻ノ木荘の玄関で来荘者をお出迎えしている、利用者が作った“トトロ”は、「待ってました」と大きな葉っぱを傘にして、梅雨と来荘者を迎えています。
画像の説明
2014年5月15日
槻ノ木だより 「112号」を発行致しました。
2014年3月9日
今日は各クラブ講師の方々やボランティアの方々との懇談会が開催されました。
日ごろの活動を通じて感じている事や要望などたくさんの意見交換があり、いただいた意見や要望を今後の施設運営に活かしていきたいと思います。
画像の説明
2014年3月3日
 高槻市内で活躍されている男性合唱団「コールバッカス」を招いてのコンサートを、槻ノ木荘を会場に利用者の他、地域の方や、隣接する同法人施設、高槻温心寮の利用者など、60名程の方にご来荘いただき開催しました。
 プログラムは唱歌から歌謡曲まで日本の親しみやすいメロディのものばかり。男性的な迫力のなかに優しさがにじみ出るような見事なハーモニーが聴衆を完全にノックアウト。
 特に「コールバッカス」さんのために男性四部合唱にアレンジされ、東日本大震災の復興支援で歌われたという「花の冠」は深い感動をあたえてくれました。
画像の説明
2014年1月1日
迎春
あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
   槻ノ木荘  施設長   弟子丸 孝子
           副施設長  田中 彰
                   職員一同
画像の説明
槻ノ木だより 「111号」を発行致しました。
2013年12月20日
槻ノ木荘に素敵なサンタがやってきた!

12月20日ひむろこだま保育園児が来荘し、利用者とクリスマス交流会を行いました。
園児からの、歌や木琴や鈴、トライアングルを使った演奏があり、手遊びを一緒にして互いのぬくもりを感じ合いました。
画像の説明
画像の説明
画像の説明
2013年11月29日
今月2回目の「グループ会食会」を実施しました。
お寿司や天ぷら、焼肉の3種類から選んでもらい、少人数で食事を楽しんでもらう企画です。
今日はその中でも一番人気の、にぎり寿司です。栄養士が目の前で握ったマグロやサーモンに「うまい!」と、とても喜んでくれました。
さて、次回の会食会は天ぷら。利用者さんの笑顔が楽しみです。
画像の説明
画像の説明
2013年11月6日
11月6日、1Fの地域交流スペースで財団後援会槻ノ木荘の集いを開催しました。
沖縄民謡、ボーカルと三線の瑞慶山海(ずけやまうみ)さんとピアノ伴奏の黒木祐子さんのお二人。昨年に続いて2度目のステージとなります。
「涙そうそう」や「花」などの名曲を交えた島人(しまんちゅ)の唄の数々、透明でゆたかな歌声と演奏に、利用者さん、後援会の会員のみなさん、そして職員も時を忘れて“うっとり・・・”。
 音楽の後は、給食部手作りおやつとコーヒーでしばし「くつろぎタイム」。話の花があちこちで咲いていました。
画像の説明
画像の説明
2013年8月7日
槻ノ木だより 「110号」を発行致しました。
2013年6月2日

本日、第42回槻ノ木荘祭を開催し、ご家族やボランティア、旧職員などたくさんの方々と一緒に、とても楽しい時間を過ごしました。
今年も給食部が腕によりをかけて作った槻ノ木荘祭弁当が、大好評。その後のお祭り出し物は、カラオケや大正琴演奏の他に、サプライズで“槻奴姐さん(つきやっこねえさん”(女性用の着物と白粉を塗って登場した男性利用者)と“美佐衛門”(エスコート役の職員)の芸者ワルツに会場が大いに沸きました。

画像の説明
画像の説明
2013年5月13日
槻ノ木だより 「109号」を発行致しました。
2013年4月1日
♪まさしく「春ですね~」。
満開の桜と陽気に誘われ施設の外へ、かわりばんこで今日はお花見。
画像の説明
2013年3月29日
感じる一体感!これぞ槻ノ木荘。
多くの利用者さんの参加と、施設の文化活動の発表、集大成の場として恒例の
「演芸会」を開催しました。
カラオケや民謡、俳句など、日頃参加のない利用者さんも含め、たくさんの出演と参加があり、利用者さんも職員も、共に歌い、共に笑い最後まで賑やかで和やかな演芸会でした。
画像の説明
2013年3月27日
画像の説明
利用者さんが集まり凛とした静けさの中、春の彼岸法要が始まりました。
読経の後、ご住職からご自身がこれまでに経験されてきた“出会い”についての法話をいただき最後は「ありがたいと思う気持ちから生まれる、感謝の笑顔を大事にして下さい。ありがたいと思える気持ちは出会いからです」と締めくくられました。
ご住職の話に利用者も職員も頷きながら真剣に聞いていました。
2013年3月25日
本日、槻ノ木荘利用者自治会「槻ノ木会」の総会が行われました。
今年度の、豊かな生活づくりのための、利用者さんらの様々な主体的な活動の報告があり、中でも、槻ノ木会から要望書を出しつつ何度も直接市役所へ出向いたりの大活躍から、ガイドヘルパーの利用が可能になった事については、大きな拍手が沸きました。その他、演芸会や四季折々の行事活動報告がありました。
2013年3月15日
施設の中いっぱいに広がるいい匂い。
今日のお昼は「すき焼き」です。
お鍋を囲み、お腹いっぱい食べた利用者は心も体もポカポカに。
荘内に残る「いい匂い」に、幸せが続きます。
画像の説明
2013年3月1日
♪お内裏様 と おひな様 二人ならんで すまし顔・・・
今日は、槻ノ木荘のひな祭りです。
お茶クラブの利用者さんが、抹茶を点ててくれ、お内裏様とおひな様に似せた和菓子も満喫しました。
画像の説明
2013年2月19日
槻ノ木荘の玄関を入り廊下を進むと、「元気地蔵」がにっこり笑顔で迎えてくれます。
「元気で幸せな生活に・・・」と利用者は通りがけに手を合わせています。
画像の説明

2013年1月5日  槻ノ木だより 「108号」を発行致しました。
画像の説明
2013年1月1日
迎春
新年あけましておめでとうございます。
本年も皆様のご健康ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
   槻ノ木荘  施設長   弟子丸 孝子
          副施設長  田中 彰
                  職員一同
画像の説明

2012年12月31日
槻ノ木荘は、お節料理も詰め終わり後は、お正月を迎えるだけです。
2012年8月1日  槻ノ木だより 「106号」を発行致しました。
2012年9月19日 ふれあいひろば プレ企画 
2012年9月4日 お知らせ ふれあいひろば 協力券の普及とボランティア募集のお願い
2012年9月1日 求人 2013年採用分 職員募集について
2012年9月1日 お知らせ 開催します 第33回ふれあいひろば
2012年10月22日
昨日、「第33回ふれあいひろば」は、好天にも恵まれ盛会のうちに終える事ができました。
槻ノ木荘民謡クラブの発表も大成功でした。
画像の説明
2012年10月12日
“滋賀県内初盲養護老人ホームが、多賀町で着工”の記事が(本日付朝日新聞滋賀版)から目に飛び込んできました。総合福祉施設を経営する湖東会が引き受けたとの事。
湖東会の方々は以前、滋賀県にも盲養護老人ホームを!と槻ノ木荘へ見学に来られました。このニュースは槻ノ木荘としてもとても嬉しいことです。
盲養護老人ホームについて(全国盲老人福祉施設連絡協議会)
全盲老連
2012年10月11日
本日付の朝日新聞朝刊に、ワンセグ(テレビ)放送が聴けるラジオが10月20日発売されると紹介されていました。
名刺サイズの厚さ1.5㎝、重さ91gとのこと。地デジ化で「テレビをラジオで」聴けなくなりましたが、状況改善!となりますかどうか。
2012年10月6日
本日、第33回「ふれあいひろば」プレ企画「原発を考える」が高槻温心寮のほっとホールでおこなわれ、地域や施設利用者含め延べ80人の参加があり、平和研究家の長尾正典氏と福島から避難されている方、避難されている方の支援プロジェクトをされている方に「あの時から今」を語っていただきました。
長尾氏からは原発に関する本当の事実を丁寧に伝えていただきました。そして、日本の自然環境には自然エネルギー(光・水・地熱など)が溢れているのだと。
また、避難されている方の生の声を聞いて思いました。現地に残った方も、避難している方も大きな葛藤を抱えながら生活をされているんだ、あれから・・・今、何も解決はしていないのだと。
さて、プレ企画もおわり、いよいよ10月21日(日)は、「ふれあいひろば」です。たくさんの企画をお楽しみください。
画像の説明
2012年11月12日  槻ノ木だより 「107号」を発行致しました。
2012年11月8日
昨日から槻ノ木荘へ中学生が福祉体験に来ています。施設へのプレゼントに、折り紙で中国に古くから伝わる“健康と長寿の神様”を折ってきてくれ今日の午後は、交流会として中学生のリコーダー演奏に利用者もハーモニカで参加して、ふるさとをキレイな音で披露してくれました。
交流会の後には、急遽中学生による「折り紙教室」が開催され、利用者と一緒に職員も「中学生先生」に教えてもらいみな何とか完成させました。
プレゼントに頂いた“神様”は槻ノ木荘の各フロアーに飾りました。
画像の説明
2012年11月7日
11月7日、財団後援会槻ノ木荘の集いを開催し「沖縄民謡コンサート」と題し“レガーメ”のお二人に来て頂きました。
三線を奏でながらのボーカルとピアノ伴奏のお二人で、ボーカルの瑞慶山海さんは昨年に続いて2度目の出演となります。透き通る歌声と迫力のある演奏に「ほんまきれいな声やねえ」と今年も大好評。その後は、後援会の会員みなさまとコーヒー片手に歓談交流しゆたかな時間を過ごしました。
画像の説明

ホームページを覗いていただいたみなさん。
施設の取り組み、各種情報などを更新・発信し続けていきます。

※ご意見、お問い合わせ等は、
E-mail zai-tukinoki1971@etude.ocn.ne.jp へお願いします。
末永きお付き合い、よろしくお願いいたします。(施設長)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional